きょう、このBL本、読んだ。

商業BL本(漫画・小説)の感想。ネタバレあり。某文芸編集部編集者/小説編集者歴6年目。

内親王の降嫁 / 和泉桂(イラスト:葛西リカコ)

[あらすじ]時は五条帝の御代。若くして大納言の役職につく藤原光則は、最愛の妻の忘れ形見である息子を病で亡くし、失意の淵にいた。光則はある日の陣定で、都で話題の夜盗「十六夜」を捕らえる検非違使別当の役職を命じられる。一度は十六夜として盗みに入った美しい少年を捕まえるが、彼は実は帝の妹として育てられた弟・楓の宮だった。そのことを知らない帝に彼と婚姻を結ばされた光則は、結婚しても楓の無愛想な態度に憤慨し強姦してしまうが、楓が十六夜として捕まえた少年であることを知ってしまう。光則は楓の人生に自分の弟・狭霧を重ね、楓の本心を知るために彼の心を溶かそうと行動を起こすが――。電子限定書き下ろしSSを収録!!【イラスト付き】(電子書籍サイトの作品内容より)
f:id:BLnote:20191205141034p:plain

[感想]
平安時代の宮廷を舞台に、貴族の婚礼にまつわる恋愛模様を描いていて、1作目「姫君の輿入れ」と2作目「貴公子の求婚」は、2008年に大洋図書さん(当時のSHYノベルス)から出版されています。
まさかシリーズ第三弾がこれだけ間をあけてレーベル移動して発刊されるとは...❗️驚きです。
本作の主人公(攻め)は 「姫君の輿入れ」の受けの兄で、弟を含め前の2作品の登場人物が出てきますが、本作内の描写だけでそれぞれの人物像はそれなりにわかるので、違和感なく物語を楽しめます。

二人の関係性

「大納言の役職につく藤原光則×帝の妹として育てられた腹違いの弟・楓の宮」という二人の関係が、「義賊・十六夜を捕らえるための検非違使別当×義賊・十六夜」という側面を持ち、さらには帝から妹の楓の宮を娶れと申し渡されて「夫×妻」という関係にもなって、関係性がどんどん複雑に積まれていくのが面白い。
しかも義賊・十六夜絡みの騒動で偶然知り合うことになった二人が、相手に対する反感を最高潮に募らせたまま一触即発の雰囲気で、正式に顔合わせをすることもなく婚礼の日を迎えるという......平安時代の貴族の婚儀という慣習に則って物語が進んでいくので、当人達の気持ちがお互いに向かっていないのに形式的にあっという間に結婚してしまい、この序盤の険悪さから、一体この先どんな風に二人は歩み寄っていくのか?という始まりに足が掛かったところで、さらに追い討ちをかけるように、怒りのあまり光則が......という王道のBL展開があり、序盤からなかなかの読み応え✨

それぞれの抱えるもの

男でありながら帝の腹違いの妹として育ち、従四位下の身分で荒れた荘園の邸宅に数人の侍女と暮らしていた楓の宮(楓)という難儀な人物の相手となるのが、楓と同じように男でありながら女として育っていた狭霧の兄の光則というキャラクターを持ってきたのが本当にナイス。
皮肉な運命とも言えるけれど、狭霧の境遇を見てきたからこそ、楓の心の内にある”男子としての本当の自分”という楓の気持ちを慮ることができるんだよね。もちろん光則が弟の狭霧に対する後悔の念をここで解消する意味合いもあるんだけど......そこがまた楓が拗らせる伏線になっていくという...うまいです。

楓は帝の兄に対する憤懣もあり、義賊として庶民を助けているつもりなんだけれど、結局のところ無鉄砲な気位の高い世間知らずな子という感じで、ツンデレというより天邪鬼で浅はかで...という感じで、めんどくささ半端ないと思ってたんだけど、後半になるにつれそういう子供っぽさが魅力に思えてくる。不思議。



物語の軸となる義賊・十六夜の捕物部分の解決方法は強引だったけれど、十六夜エピに絡んだ伏線が別の事件へと繋がって、その危機を乗り越えて光則に対する楓の気持ちがはっきりと恋慕に結びついたのも束の間、女として育てられた光則の狭霧の存在を知った楓が、光則への気持ちを拗らせて...と、最後の最後まで畳み掛ける展開で、読み応えバッチリな序盤から最後まで失速することなく、かといって息切れするようなせかせかした印象はなくて、中盤は二人が少しずつ距離を縮めていく部分を緩やかに描いていて、上手く緩急をコントロールした1冊でした。

平安時代を舞台にしているので、馴染みのない言葉遣いや独特の慣習、装束、登場人物の肩書き、位などの表現に少し戸惑うけれど、平安絵巻的な雅な世界観もとても素敵です。
葛西リカコさんのイラストも麗しかった✨


ちなみにAmazon の Kindleで1作目「姫君の輿入れ」2作目「貴公子の求婚」に関連した同人誌で、2011~2013年に発表した番外編を1冊にまとめた「ささめごと: 婚礼奇譚集 再録集 」というのも販売されています(Unlimited対象)。

私はKindle Unlimited は解約してしまったので、 Unlimited で読んでた本、全部読めなくなっちゃったんですよね......。
でも過去の同人誌を電子化してくださる作家さんのご好意は本当にありがたいと思っているので、アンリミ解約後に購入してます✨


では、また!
浅葱 拝

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へにほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へにほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へブログランキング・にほんブログ村へ